「ロゴマークを軸とした展開。」が特長のグラフィックデザイナー永井弘人による、「日常とデザインの間口を拡げる雑文集。」【 電子書籍:PDF版 】

「ロゴマークを軸とした展開。」が特長のグラフィックデザイナー永井弘人による、「日常とデザインの間口を拡げる雑文集。」【 電子書籍:PDF版 】

  • Digital
    600 JPY

■ 本商品は、「PDF版の電子書籍」です。 ■ PDF版の本文は、縦書き表記となります。本文の文字数は、約68,000字です。 ■ 本文の縦書き版サンプルPDFは、 http://www.atooshi.com/dl/sample_hz.pdf よりご確認・ご覧いただけます。 ------------ 【 本書の「特長・目的」 】 「デザインを身近に感じ、日常の中にデザインを取り入れたくなる。」そんな気持ちを後押しする雑文集です。 本日のアトオシ http://today.atooshi.com/ から、読者から人気のあった美味しいところを抜粋しました。 こんな人のために雑文を書いています。 ■ 日常をゆるく、ながく、楽しみたい人 ■ サブカル・サブカルチャーに興味のある人 ■ これから、日常にデザインを取り入れようと思っている人 ■ リアルな、デザイナーの日常に興味がある人 ■ ロゴ・デザインに興味のある人 --- 日常の中で、なんかいいな、と感じる瞬間こそ、より良いロゴ・デザインをうむ大切な栄養素。私はそう考えています。 グラフィックデザインをメインに行っている人(永井弘人)が、普段なにを考えて、どんな行動をしているか。くだらなさあふれる、リアルなデザイナーの日常をさらけ出しています。 ------------ 【 本書の「収録ラインナップ・内容」 】 ■ 日常とデザインの間口を拡げる雑文 2013 ■ ある日のインタビュー(独立までの「いままで」と「これから」、「デザインの価値」についてのお話し) ■ 日常とデザインの間口を拡げる雑文 2014 ■ 締めの言葉(熱い、熱いメッセージ) ------------ 【 本書の「コンセプト・著者の想い」 】 私は、「アトオシ」 www.atooshi.com という屋号にてグラフィックデザインをメインに活動しています。デザインが前にくるのではなく、あくまでも“人”を前に。“人”が、こうなったらいいな、と思うことに向かう、後押し(=デザイン)となる。アトオシは私の理念であり、日々発信する雑文(=本日のアトオシ)も、想いは同じなのです。 今、この文章を読んでいる方に本書がどう役立つか。……そんなことを考えるより、まずはページをペラペラとめくってみてください。きっと、なにかしらのヒントがごろごろと転がっているはずです。ゆるく、ながく。なんか、いいな。に向かって。 --- よくあるデザイナーさんのカッコ良さげな雰囲気を醸し出して、ではなく、人間くさく、だっさいところも丸出しに、日常とデザインの間口を拡げている最中です。グラフィックデザイン業界一、いい塩梅のいい加減な人を目指していますが、あまり公には話せないでいます。ありがとうございます。 ときに真面目に、たまにエロく、ほぼくだらない。デザインとはなんぞや。デザイナーとはなんぞや。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 (本書「はじめまして」より) ------------ ------------ 【 本書の「収録内容の一部抜粋」 】 ■ 「ちょっとしたお金の話。」 2013.9.13 より 公園のトイレに入ったら、壁に、「金は愛の力に勝ることができない。しかし、金の力を借りなければ、愛を継続することができない。」という落書きがされてて、なるほどぉ……と、ぼんやりしながら用を足していたら、少し手にひっかけてしまったよ。……… --- ■ 「スッパイ好き。」 2013.9.24 より ひっさびさにミカン食べた。この時期のはまだスッパイ。スッパイもの全般が好きだ。だから、緑色ミカンは僕の胸をときめかせる。どんだけスッパイのかな〜わくわく………スッパ! ここまで求めてねーよ! その後の水が最高ですね。……… --- ■ 「ワイン。」 2013.10.22 より カジュアルリッチをコンセプトとした焼肉店、を経営される方。お店に出すワインをどのように選定するか、というお話し。味? 産地? 価格? いやいや、ちがうよ。パッケージ、だよ。 テーブルの上に置かれた際、最も映えるポイント。選定する時は、まずパッケージデザインを見た上、篩にかけ、その後、味・価格のバランスを精査するのだとおっしゃった。第一印象って大事。その奥に潜む品も大事。……… --- ■ 「楽しみのコスプレ。」 2013.11.1 より 渋谷でワーワーと騒ぎはしゃぐ全員が、心より楽しんでいるかどうか、疑問を感じる。余計なお世話! つまりは、コスプレをしそうな娘がコスプレをするより、コスプレをしなさそうな娘がコスプレをする方が断然、期待感が膨れ上がる。というわけだ。……… --- ■ 「バーコ印刷と乳輪。」 2014.3.5 より バーコ印刷の盛り上げ感。つやのある、モコッと感。あの起伏は艶かしい。ついつい指でなぞりたくなるそれは、女性の乳輪にもみえてくる。乳首ではない、乳輪だ。肌部分が紙地とするならば、乳輪がバーコ。……… ------------ ------------ * 「本PDF、及び、表紙・表紙裏・裏表紙裏・裏表紙の画像」及び、「本PDF、及び、表紙・表紙裏・裏表紙裏・裏表紙の画像」に使用している、「文章・図・写真・イラスト・デザイン」はすべて、「アトオシ 永井弘人」に著作権が帰属しております。 ------------ ------------ ■ Kindle版は、 https://goo.gl/WivkM8 にてご購入いただけます。 ------------

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

■ 本商品は、「PDF版の電子書籍」です。 ■ PDF版の本文は、縦書き表記となります。本文の文字数は、約68,000字です。 ■ 本文の縦書き版サンプルPDFは、 http://www.atooshi.com/dl/sample_hz.pdf よりご確認・ご覧いただけます。 ------------ 【 本書の「特長・目的」 】 「デザインを身近に感じ、日常の中にデザインを取り入れたくなる。」そんな気持ちを後押しする雑文集です。 本日のアトオシ http://today.atooshi.com/ から、読者から人気のあった美味しいところを抜粋しました。 こんな人のために雑文を書いています。 ■ 日常をゆるく、ながく、楽しみたい人 ■ サブカル・サブカルチャーに興味のある人 ■ これから、日常にデザインを取り入れようと思っている人 ■ リアルな、デザイナーの日常に興味がある人 ■ ロゴ・デザインに興味のある人 --- 日常の中で、なんかいいな、と感じる瞬間こそ、より良いロゴ・デザインをうむ大切な栄養素。私はそう考えています。 グラフィックデザインをメインに行っている人(永井弘人)が、普段なにを考えて、どんな行動をしているか。くだらなさあふれる、リアルなデザイナーの日常をさらけ出しています。 ------------ 【 本書の「収録ラインナップ・内容」 】 ■ 日常とデザインの間口を拡げる雑文 2013 ■ ある日のインタビュー(独立までの「いままで」と「これから」、「デザインの価値」についてのお話し) ■ 日常とデザインの間口を拡げる雑文 2014 ■ 締めの言葉(熱い、熱いメッセージ) ------------ 【 本書の「コンセプト・著者の想い」 】 私は、「アトオシ」 www.atooshi.com という屋号にてグラフィックデザインをメインに活動しています。デザインが前にくるのではなく、あくまでも“人”を前に。“人”が、こうなったらいいな、と思うことに向かう、後押し(=デザイン)となる。アトオシは私の理念であり、日々発信する雑文(=本日のアトオシ)も、想いは同じなのです。 今、この文章を読んでいる方に本書がどう役立つか。……そんなことを考えるより、まずはページをペラペラとめくってみてください。きっと、なにかしらのヒントがごろごろと転がっているはずです。ゆるく、ながく。なんか、いいな。に向かって。 --- よくあるデザイナーさんのカッコ良さげな雰囲気を醸し出して、ではなく、人間くさく、だっさいところも丸出しに、日常とデザインの間口を拡げている最中です。グラフィックデザイン業界一、いい塩梅のいい加減な人を目指していますが、あまり公には話せないでいます。ありがとうございます。 ときに真面目に、たまにエロく、ほぼくだらない。デザインとはなんぞや。デザイナーとはなんぞや。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 (本書「はじめまして」より) ------------ ------------ 【 本書の「収録内容の一部抜粋」 】 ■ 「ちょっとしたお金の話。」 2013.9.13 より 公園のトイレに入ったら、壁に、「金は愛の力に勝ることができない。しかし、金の力を借りなければ、愛を継続することができない。」という落書きがされてて、なるほどぉ……と、ぼんやりしながら用を足していたら、少し手にひっかけてしまったよ。……… --- ■ 「スッパイ好き。」 2013.9.24 より ひっさびさにミカン食べた。この時期のはまだスッパイ。スッパイもの全般が好きだ。だから、緑色ミカンは僕の胸をときめかせる。どんだけスッパイのかな〜わくわく………スッパ! ここまで求めてねーよ! その後の水が最高ですね。……… --- ■ 「ワイン。」 2013.10.22 より カジュアルリッチをコンセプトとした焼肉店、を経営される方。お店に出すワインをどのように選定するか、というお話し。味? 産地? 価格? いやいや、ちがうよ。パッケージ、だよ。 テーブルの上に置かれた際、最も映えるポイント。選定する時は、まずパッケージデザインを見た上、篩にかけ、その後、味・価格のバランスを精査するのだとおっしゃった。第一印象って大事。その奥に潜む品も大事。……… --- ■ 「楽しみのコスプレ。」 2013.11.1 より 渋谷でワーワーと騒ぎはしゃぐ全員が、心より楽しんでいるかどうか、疑問を感じる。余計なお世話! つまりは、コスプレをしそうな娘がコスプレをするより、コスプレをしなさそうな娘がコスプレをする方が断然、期待感が膨れ上がる。というわけだ。……… --- ■ 「バーコ印刷と乳輪。」 2014.3.5 より バーコ印刷の盛り上げ感。つやのある、モコッと感。あの起伏は艶かしい。ついつい指でなぞりたくなるそれは、女性の乳輪にもみえてくる。乳首ではない、乳輪だ。肌部分が紙地とするならば、乳輪がバーコ。……… ------------ ------------ * 「本PDF、及び、表紙・表紙裏・裏表紙裏・裏表紙の画像」及び、「本PDF、及び、表紙・表紙裏・裏表紙裏・裏表紙の画像」に使用している、「文章・図・写真・イラスト・デザイン」はすべて、「アトオシ 永井弘人」に著作権が帰属しております。 ------------ ------------ ■ Kindle版は、 https://goo.gl/WivkM8 にてご購入いただけます。 ------------